WordPress タクソノミー 一覧に件数を表示してサイトマップを作る

デザイン
2022年最新!おすすめのレンタルサーバー


今なら月額たった495円(税込)で超高速サーバーが使用出来ます!

10日間お試し無料!
エックスサーバー 公式サイト

(このページは2022年11月15日に更新しました)

本記事の内容

 

「タクソノミーごとのリンク一覧と、件数を表示したい」

「サイトマップのプラグインでは思う様に表示できない」

  

本サイトでは、WordPress&Cocoonでより良いデザインが出来るようにプラグインやカスタイズ方法をご案内しております。

 

過去の記事・・・

【Cocoonカスタマイズ】MetaSliderを使ってスタイリッシュなブログをデザインする

  

今回はその中でもサイトマップに注目し、これらの疑問にお答えしていきます。

 

Insert PHP Code Snippet

 

まずはPHPを埋め込むために、こちらのプラグインを導入します。

 

 

使い方は簡単です。

 

プラグインを導入後、メニューから『XYZ PHP Code』を選択し、新しいショートコードを作成します。

  

 

Add New PHP Code Snippetを選択。

 

 

Tracking Nameに任意のショートコード名。今回は店名ごとの記事をリスト化したいので『shoplist』としました。

PHP code は次の章で説明します。

Updateを押して、ショートコードの作成は完了です。

 

編集画面に戻ると、作ったショートコードのリストが表示されます。

 

 

今回のショートコードは、[xyz-ips snippet=”shoplist”]になります。

 

サイトマットの様に表示したければ、このショートコードを、固定ページに貼り付ければ出来上がりです。

 

投稿数の抽出とリンクの作成

 

さて『shoplist』内のPHPコードを詳しく見ていきます。

 

投稿数を抽出して、リンクの後ろに件数を表示する為のphpコードを作成します。

 

下記の様になります。

 

<?php
$tax_name = 'shop'; //タクソノミーを指定
$terms = get_terms($tax_name);
?>
<ul>
<?php foreach($terms as $term): ?>
<li><a href="<?php echo get_term_link($term->slug, $tax_name) ?>"><?php echo $term->name,"(",$term->count,")" ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
</ul>

 

tax_nameには抽出したいタクソノミー名を入力。

echoの後の文で、『「”タクソノミー名”+”(投稿数)”」にリンクを付ける』形で書き出しています。

  

これを先ほどの、XYZ PHP CodeのPHPコード内に記載し、更新すれば完了です。 

 

完成形

 

出来上がると、下記の様に表示出来るはずです。

  • タクソノミー1(1)
  • タクソノミー2(5)
  • タクソノミー3(8)

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

サイトマップのプラグインで同様の機能を持ち合わせているものもあるのですが、カテゴリーなど余計な情報が付随されて、カスタマイズし辛いもの多いので、今回は単体で作成してみました。

  

ご意見等ありましたら、コメント欄にお願いします。

 

ワードプレスのプラグインなどの情報を配信しております。よろしければご覧ください。

カテゴリー:プラグインまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました