【2022年版】PageSpeed Insightsスコアをモバイルで92点に改善する方法

プラグイン

 

(このページは2022年3月28日に更新しました)

本記事の内容

「インデックスされるのに影響が出るページの読み込み速度」

「デスクトップサイトでは高いスコアが出るが、モバイルの速度が改善しない」

「どんなプラグインを使うと良いの?」

  

サイトの表示速度が低いと、Googleの評価が下がってしまいます。今回はこれらを解決すべく、改善方法をご案内致します。

 

当サイトでは、以前、【2022年版】GoogleのPageSpeed Insightsでプラグインを使って100点を取る方法、にて、スコア100点を叩き出す方法を紹介しました。

 

しかしこの方法、十分ではありませんでした。

 

モバイルでは76点と、低い数字にのままでした。今回は、このモバイルでもグリーンの合格ラインへ乗せたいと思います。

 

ちなみに、前の記事の、

  • EWWW Image Optimizer 実行
  • Async JavaScript 実行
  • Fastest Cache 実行
  • Autoptimize ※このプラグインは止めます。
  • セキュリティ関連のプラグインは影響が少ないのでONのままで良いです。

 

それぞれ、プラグインを導入して頂き、 AutoptimizeだけはOFFにしましょう。かえって遅くなります。

 

これらの準備が出来たら、次の手順で進めます。

 

 

Flying Scripts by WP Speed Matters

 

 

スコア改善には、こちらのプラグインが最強です。

 

仕組みとしては、Javascriptの読み込みを遅らせる事で、サイトの表示速度を上げます。

 

導入方法は簡単で、プラグイン導入後設定画面を開きます。

 

 

ここの一番上の欄に、遅くされているJavascriptを書いていきます。

 

PageSpeed Insightsを開き、自身のサイトのスコアを確認します。

 

何も手を付けていなければ、おそらく『使用していないJavaScriptの削減』の時間が赤色になってしまっていると思います。

 

これらは改善が必要ということです。

 

 

  

こちらに書いてある、ファイル『~.js』は、Javascriptのファイル名です。

 

これらのファイルを、先の設定画面の上の欄に記入していきます。

 

reCaptchaやアドセンスなんかが、かなり重いです。

 

そしたら、設定時間を『5秒』にします。

 

これで、一旦キャッシュを削除してから、再測定します。 

 

結果発表

 

まずはプラグイン導入前のスコア

 

 

こちらが導入するだけで、

 

 

大幅に改善!!

 

たったこれだけで、スコアが大幅に改善します。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

当サイトはWordpress&テーマはCocoonを使っていますので、全てが同じようになるかは分かりませんが、今回のプラグインが一番強力でした。

 

ぜひ、これらのツールを使ってサイト改善へつなげてみてください。

 

ちなみに、レンタルサーバーはXserverですので、これらやっても改善しない場合は、レンタルサーバーの変更もお勧めします。

 

当サイトではエックスサーバーを使っています。導入方法はこちら

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました